TOP > お役立ち情報 > カメラ導入をお手軽に!「まとめてネットワークカメラ with safie」
通信
2018/08/20

カメラ導入をお手軽に!「まとめてネットワークカメラ with safie」

通信お役立ち情報更新
お役立ち情報

本日は、会社や店舗運営での業務効率向上に役立つアイテムをご紹介します!

 

「まとめてネットワークカメラ with safie」

<製品紹介動画>https://www.youtube.com/watch?v=eSVKkxzwo-A

 

多くの方にとって、「会社・店舗に設置するカメラ=防犯のためのカメラ」というイメージが

強いのではないでしょうか?

この「まとめてネットワークカメラ」は、当然、防犯カメラのように使用することも可能ですが

それよりもビジネスシーンにおける課題解決のための導入が増えています。

この製品が導入される理由や、導入事例を紹介していきます。

 

①導入が簡単

②どこでも見れる

③低コスト

④導入事例

 

 

①導入が簡単

通常、カメラを導入する場合には配線等の工事が必要です。

そうなると、事前の現地調査や実際の工事立会いが必要となり、その対応のためのスケジュール調整

や時間確保とともに、高額な工賃が発生します。

まとめてネットワークカメラの特長は何と言っても「工事不要で設置可能」であることです。

「Wi-Fi環境」と「電源」さえあれば、あとは簡単な初期設定だけで使用できるようになるので

煩わしいやりとりやそのための時間を考える必要がありません!

※設置場所によっては、工事が必要な場合もございます。

 

②どこでも見れる

ネットワークカメラという名前の通り、録画データはクラウド上に保存されます。

そのため、設置スペースの節約ができるだけでなく、その場所に行かずに外から録画データを閲覧することが

できることで、わざわざ映像の確認のために現地に行く必要がなくなり、移動時間の節約に繋がります。

複数のカメラを設置している場合もPCやスマートフォンの1つの画面上で見ることもできますし、過去の録画

データもすぐに遡れるので、見たい情報にすぐアクセスすることが可能です。

 

③低コスト

工事費がかからないだけでなく、クラウド上での録画データ保存期間も希望の期間に合わせて、7日プランから

最大360日プランまで提供されているので、ランニングコストも利用状況により適切なものをお選び頂けます。

 

④導入事例

複数店舗のマネジメントによる業務効率の向上

小売業や飲食業等では、マネージャー職の方々が1名で複数の店舗を統括することが多いかと思います。

1日のタイムスケジュールの中で、複数店舗を巡回するとなると移動時間も含めてかなりの時間的なロスが

あるのではないでしょうか?

巡回以外にも資料作成やその他業務もあり、全体の業務進捗への支障が出ることで余計な残業も増えてしまいます。

まとめてネットワークカメラを導入することで、複数店舗の状況を現場に行くことなく把握できるようになり

移動時間の削減と業務時間の確保が期待できます。

 

●商品陳列・店舗導線のチェックによる売上の向上

業務効率にも繋がる話ですが、店舗の中でのお客様やスタッフの具体的な動きや集客状況の確認を自力で行おうと

すると、多大な時間と労力がかかってしまいますし、継続的に行うこと自体が現実的ではありません。

 

お客様がどのように商品を手に取ったり、店舗を回遊しているのか?

スタッフがどのようなオペレーションで動いているのか?

時間や曜日毎の集客状況はどうなっているのか?

 

といった情報取得にも、ネットワークカメラは有効です。

希望の日付・時間を選択することで、いつでも実際の映像をチェックすることができ、それにより動き方を修正

したり、レイアウトを変更したりといった具体的な対策を立案していくことが可能となります。

 

●リアルな現場環境の把握による質の向上

管理者が「こうなっているはず」と思っている状況と、実際のお客様への対応・労働環境・教育環境

乖離しているということは、常にその環境に管理者がいるということがない限り、おそらくどの企業でも

起こる問題ではないでしょうか?

現場にいなくても、決められたルールが守られているかどうかといった実情をいつでも把握できることで

スピーディーに内部の問題解決に着手することができ、また、スタッフにおいても見られている意識が

つくことで、良い緊張感を保ちながら業務に臨むことが可能となります。

 

 

以上、抜粋ではありますが、導入メリットや活用の一例を共有させていただきました!

気になった方は、ぜひ導入を検討して見てはいかがでしょうか?