TOP > お役立ち情報 > 輝く社会人になるために
YSKプラス
2018/10/03

輝く社会人になるために

YSK-HDお役立ち情報更新
お役立ち情報

新入社員になるまでの準備

目次

 

・夢を持って内定式へ

当YSKグループは10月1日に内定式を開催しました。内定式には2019年度に入社する内定者が出席いたしました。

新社会人になる皆さんはどんな夢を持っていますか。どうやって生きていきたいでしょうか?

私は働くことに対して漠然としており、社会人としての知識や行動は働いていれば自然と身につくと思っていました。

しかし社会人になると、自由に使える時間はとても少なくなり、より効率的に時間を使わなければいつまでも現状のままでした。

入社式までの半年間、内定者研修が行われます。

研修では先輩社員との交流もあり、「社会人になる」感覚が湧くと思います。

内定者研修を通して、徐々に社会人になるということを体感して頂ければと思います。

 

・正社員とアルバイトの違い

さて、社会人としての意識の一つとして、正社員とアルバイトの違いがあります。どんな点が違うのでしょうか。

私は「責任」が一番違うのではないかと思っています。責任とは自分が行った事に自分で最後までやり抜くことです。

私は学生時代カフェでアルバイトをしており、ミスを起こしてしまうことがありました。

その時は社員に連絡し、現在の状況・を伝え対応策を聞くのみでした。

私はミスの発生原因や今後の対策について学ばず、その都度社員に聞いていました。

しかし今は違います。例えミスをしたとしても、先輩社員から教えて頂いたことをしっかり学び、次回に活かすことが大事だと学びました。

ミスを起こしたときの報告も、現在の状況とこれからの対応策を報告すると、

相手に対して「学んでいるな・勉強しているな」という印象を与えることが出来ます。

 

新入社員が気を付けるポイント

新社会人として、職場ではどんなことに気をつければいいのでしょうか。

私が学んだ大切だと思う3つのポイントを紹介します。

1:挨拶・感謝・素直な謝罪

だれでも出来るからこそ、抜けてしまいがちなポイントです。

また、元気な挨拶をすることで、周囲を明るくすることが出来ます。

2:周りへの配慮

「会社」とは一つのチームです。

自分の仕事をやって終わりではなく、大変そうな人がいたらその人を助ける。

そうすることで、周りも自然と助けてくれるようになります。

 

3:PCスキルを身につける

PCスキルがあると便利です。

ITが発展し、どの様な業務でも最低限のPCスキルが必要となる場合があります。

 

就職活動が終わり、社会人になるまでの時間は非常に貴重な時間です。

内定者研修や先輩社員と関わりを通じて、会社の環境に慣れて頂けたらと思います。