TOP > お役立ち情報 > 業務用エアコンの効きが悪い?!【エアコン替え時】
通信
2019/01/21

業務用エアコンの効きが悪い?!【エアコン替え時】

通信お役立ち情報更新
お役立ち情報

みなさんこんにちは!

今回の話題は業務用エアコン電気代についてお話していきたいと思います。

現在ご利用のエアコンで効きが悪い、変な音がする、窓際が寒い暑い、足元が寒い

エアコンの空調効率が悪く電気代が高額になっている可能性がございます

 

本日は業務用エアコンのお得情報をお伝えいたします。

 

①購入時期を調べてみよう

②空調にかかっている電気代

③入れ替えによる削減額について

 

 

①購入時期を調べてみよう

 なぜ購入した時期を調べるかと言いますと、平成2~3年が新築バブル期

20年くらい前のエアコンを使用し続けている場合の店舗及びオフィスなどがほとんどなのです。

※築年数=エアコンの使用年数の場合が多いです。

簡単な購入時期のお調べ方法はエアコンのリモコンを見て頂くのが1番簡単でございます。



※①約1993年~2003年旧型モデルの見本

YSK20190117-2.jpg

※②最新版モデルのリモコンの見本

 YSK20190117-3.jpg

おそらく①の旧型のリモコンに見覚えがある方が多いのではないでしょうか。

私が以前働いていた店舗では旧型モデルを使用しておりまして、足元寒いなと思ったことは確かにありました。

 

また、さらに詳しく知りたい場合は室外機をご確認ください。

冷媒の項目にR22と書かれていたら確実に15年以上エアコンを使用しております。

※冷媒R22は2020年に実質全廃止が確定しております冷媒です。全廃止となるとどうなるかと言いますと

①エアコン修理の際に時間がかかる。

②修理費用が高くなる。

③交換の際のエアコン廃棄代金が高くなる。

冷媒R22と記載されていたら交換を推奨いたします。

 

②空調にかかっている電気代

電気代に対して空調にかかっている費用は約48%と言われております。

消費電力の内訳詳細は下記の通りでございます。

オフィス空調48%/照明24%/OA機器16%/その他12%

小売店空調48%/照明26%/冷蔵庫3%/ショーケース6%/OA機器4%/その他13%

※出典:資源エネルギー庁推計

 

ご覧頂きました通り約半分もの電力が空調に使用されております。

使用年数が長ければ長いほど空調効率が悪くなっていく為、消費電力が増加していきます。

 

③入れ替えによる削減額について

 

新型の機能について少しお話させて頂きます。

ダイキン発想の【アクティブ・サーキュレーション気流】をみなさんはご存知でしょうか。

 YSK20190117-4.jpg

 

 fig5.jpg

 上記のように電気効率が良いエアコンに変えることでなんと約70%~50%の空調電気代がお安くできます。

 

実際店舗で御見積を作らせて頂きました。

小売店舗:業務用20台エアコン(1993年モデル)完備の場合

年間想定、空調費用は約120万円

新型エアコン入れ替えた場合

年間想定、空調はなんと!!!51万円

 

年間で約69万円ほどお安くできました!【1ヵ月あたり約6万円程度】

それほど金額が変わる例はあまりございませんがご覧いただいております見様の参考、ご検討する機会になればと幸いです。

 

 

また、環境を整えることで社員やお客様の満足度向上にもつながりますので

是非1度入れ替えをご検討しみては如何でしょうか。

 

最後までご覧いただき誠にありがとうございました!