TOP > お役立ち情報 > モバイル決済、ご利用してますか?
通信
2019/05/07

モバイル決済、ご利用してますか?

通信お役立ち情報更新
お役立ち情報

こんにちは

昨今、様々なモバイル決済が世の中に出てきており、いよいよキャッシュレスの時代が押し寄せてきました。

そこで今あるモバイル決済や今後の展開、使用する上での利便性も含めてご紹介していきます!!

 

1.モバイル決済の種類

モバイル決済には今、様々な種類があります。

まずはみなさんがよく目や耳にされるものでご紹介いたします。

①PayPay

「100億円あげちゃうキャンペーン」で大きな話題となり、ユーザー数も400万と一気に知名度の高いモバイル決済の一つとなりました。

2018年10月からサービスを開始し、店舗への導入手数料なども無償化したことで、市場への環境整備に注力し利用できる場所も増やしていった勢力です。

今や、宮川大輔さんのCMを見れば誰もがPayPayだと認識するほどに勢いのあるモバイル決済の一つでしょう。

②R Pay

通信販売、物流、その他電子決済ですでに確固たる地位を得た上で、モバイル決済に乗り出しているのが楽天が運営するR Payです。

楽天はこのモバイル決済だけでなく、楽天ポイント・楽天Edyなど、複数のサービスを一つのアプリに統合したサービスを今後のペイメントプラットフォームとして考えており、今後の展開も気になるサービスの一つです。

楽天は「楽天カード」で貯めたポイントなどをこのモバイル決済に対応させたり、登録したクレジットカードで決済することによってさらにポイントを貯めていくことができるサービスで、自社内のサービスを包括的に使用でき、なおかつ対応店舗も多く、利用しやすいモバイル決済と言えます。

③LINE Pay

LINE Payはアクティブユーザー数が7300万人もいるとても大きなSNSアプリです。

もともとチャットや電話といったコミュニケーションツールとして使用されているこのアプリでもモバイル決済に乗り出す動きが出ました。

このLINE Payの特徴としては、飲み会などで周りからお金を集めたりする際の集金をモバイル決済で行える「割り勘」機能や公共料金の支払いなどもできるようになっています。

④au Pay

au Payは携帯電話キャリアKDDIが始めるモバイル決済です。

au Payでは携帯電話料金で発生したポイントやキャンペーンでWALLETカードにキャッシュバックされた電子マネーを有効活用することができるサービスを実装予定となっております。

サービス自体は2019年4月以降に開始予定で、他のキャリアモバイル決済に差をつけられるようなサービスが出てくるかどうかが楽しみなサービスです。

2.どれをどうやって使えばいいか

他にも様々なモバイル決済がある中、どれを使っていくのが正解なのでしょうか?

自分にぴったりなモバイル決済を探す上で重要なのは近くの「近くのお店で使えるか」や「他のサービスと合わせてお得になるか」などをネックにかんげてもらえるといいと思います。

まず、使い方・お店での使用方法についてですが、ほとんどのモバイル決済はアプリをインストールし、店舗へQRコードの読み取り、もしくはアプリに表示されるバーコードを読み取って決済するようになります。

使えるお店については各サービスのHPにて掲載・検索可能なので、気になるものをぜひチェックしてください!!

 

また、どれを使っていいかという部分でおすすめなのは携帯電話のキャリアに紐づいているモバイル決済です。

なぜキャリアに紐づいているモバイル決済がお得かというと、携帯電話料金に関わるポイントとの連携性と携帯電話で実際に利用する際にその利用端末のキャリアショップで使用方法などのレクチャーやデモンストレーションができるからです。

やってみないとわからないものも、わからなければ実際にやってみることで今の生活をより便利にしていくことができるはずです。

今まで電子マネーなどで決済したことがない方も、これを機にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

3.最後に

いかがでしたでしょうか?

このキャッシュレスの時代に取り残されないように、皆さんもぜひ、モバイル決済を積極的に使ってみてください。

今まで使っていた財布も、薄くなり、荷物も一つ減るかもしれません。

公共料金だけでなく、海外では交通違反の罰金なんてものもモバイル決済で行なっているところもあるそうです。

現金を持ち合わせていなくても買い物ができることは実際に使ってみるととても便利です。

新しいことを始めることはとても大変かもしれませんが、この記事で一人でも多く人が新たな挑戦をしてくれればと思います。